フォト
無料ブログはココログ

旅行・地域

雨の平泉

ようやく葉が色づき始めた10月末に、世界遺産に登録された岩手県平泉に一泊旅行に出かけた。 
1日目はあいにく本降りの冷たい雨の中での中尊寺散策になる。

Img_5141_convert_20121030141319
雨に煙る金色堂。 杉木立に囲まれ凛とした空気感を感じる。

Img_5143_convert_20121030141432
旧覆堂内部。
現在の新覆堂が出来るまで500年の間金色堂を風雪から守ってきたお堂で重要文化財指定されている。

Img_5133_convert_20121030141043
中尊寺の鎮守、白山神社境内にある茅葺屋根の能楽堂。
木造に痛みが見られるが、歴史を経てきた木の風合いが大変良い。

Img_5135_convert_20121030141152
本舞台の鏡板に描かれた老松。

Img_5127_convert_20121030140622
紅葉が始まった参道は、多くの観光客で、行きかうのも大変な状態だった。

Img_5152_convert_20121030142343
宿泊室から見た、靄に包まれた中尊寺のある小高い山(中~右側)

Dsc_0031_convert_20121030170446
翌日の毛越寺散策。
雨が止み、ゆったりと水と緑の優雅な庭園を満喫する。池を中心に州浜、築山、立石が点在して平安時代の庭園書に基づいて造られていて、別世界に入り込んだようだ。

Dsc_0028_convert_20121030164714

Dsc_0011_r1_convert_20121030165202
往時に思いを馳せながら散策する。

やはり、実際に現地を見て空間を体験しないことには何もわからないと改めて思う旅行になった。

吹割の滝散策

久しぶりの晴れの休日に、紅葉見学を兼ねて群馬県沼田市にある吹割の滝まで出かけてみた。 紅葉も終わりかけの為か、観光客はあまり多くなく、お蔭でのんびりと滝の周囲にある、アップダウンが大きく落ち葉で覆われた遊歩道の散策ができた。2日前の雨で川の水量が豊富で、日本のナイアガラといわれる吹割の滝は水しぶきをあげ迫力があり、体も心もリフレッシュされるようだ。終わりかけとはいえの黄色系の紅葉を背景にしてみると日本の秋の素晴らしさが改めて再確認することができた。

Img_3861_convert_20111115225327     下流の滝

Img_3866_convert_20111115225418     メインの地割れのような滝、目の前で見られ大迫力!

Img_3868_convert_20111115225506     メインの滝の上流側

Img_3875_convert_20111115225827     滝の上流に架かるつり橋からの眺め

Img_3877_convert_20111115230251_2           遊歩道からの眺め、岩盤が割れてできたのがわかる。

Img_3879_convert_20111115230151 遊歩道から山並みを見る。遊歩道が結構高いところにあるのがわかる。

Img_3880_convert_20111115230340

Img_3889_convert_20111115230530           遊歩道から車道に出て、渓流と終わりかけの紅葉の山並みを見る。

 

西山荘

紅葉を見に西山荘に行く。
西山荘は茨城県常陸太田市にある水戸光圀公(黄門様)が晩年を過ごした住まいで、豊かな自然が四季折々に様々な表情を見せてくれる、特に紅葉が良いということで出かけてみた。

天気にも恵まれ、ボランティアガイドの説明付で、よく手入れされた散策路に覆いかぶさるようなモミジの紅葉と茅葺屋根の西山荘を見学し、新しく建てられたお茶室「晏如庵」で和菓子と抹茶を楽しむなどしながら秋のひとときを過ごした。

Img_0644_convert_20091129101316

Img_0647_convert_20091129101457 Img_0649_convert_20091129101740

Img_0650_convert_20091129101957
茅葺屋根の西山荘