フォト
無料ブログはココログ

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月

聖オルバン教会

都内(港区芝公園)にある、アントニン・レイモンド設計の聖オルバン教会を見学する。
東京タワーの麓で、高層建物に囲まれた所にある1956年築の小さな木造建物である。
樹木や低く深い軒の下屋や、木やレンガ等素朴な素材で作られたシンプルな切り妻のこの建物は、昭和の温もりを強く残しながら、凛として品があり、周囲の高層建物以上に存在感のある建物である。いつまでも存在し続けてほしいものである。

004_convert_20131125114835

手作り風の看板

005_convert_20131125114928
歩道に近い位置にあり、低く深い軒が近づきやすくしている。

003_convert_20131125114733
下屋の中は、道路の向い側にある高層建物の影が重なってしまい見えにくい。

001_convert_20131125114605

002_convert_20131125114655
下屋部分。礼拝堂の入り口は木製扉の内側にガラス扉が設置されている。

007_convert_20131125115108
下屋空間。柱、梁、母屋は丸太で綺麗に塗装でメンテナンスされている。

010_convert_20131125115316

軒先は手が届く程低い。

009_convert_20131125115236
1階外壁のある高さまでレンガタイルを貼り、耐久性を高めている。

011_convert_20131125115403

反対側の歩道から見る。
下屋部分は幅広道路にも関わらずの反対側の高層建物の影がかかってしまっていた。

006_convert_20131125115021
礼拝堂側面

我が家の紅葉

穏やかな秋晴れが続き、我が家の小さな庭にあるヤマボウシが紅葉し始め、日に日に紅葉が深まる。2階のバルコニーやリビングからはその変化が目前で見られ、日常に潤いを与えてくれる。

001_convert_20131122171619
4日前。バルコニーからの眺め、紅葉が綺麗になり思わず写真を撮る。

008_convert_20131122172107
3日前。一日後にはより紅葉が進み感動!また写真を撮る。

002_convert_20131122172521
今日。色がエンジ色になり落葉が多くなる。

006_convert_20131122172659
今日。リビングの窓からの眺め

(仮)柏・松葉町の家 祝上棟

大安の今日、上棟を迎える。
穏やかな天気に恵まれ、順調に作業が進み予定通りに棟まで組みあがり、建主さん同様設計者も、思い描いた家の骨格が目前に現れるとやはり感激する。

001_convert_20131116170943
午前中、晴天の中作業が進む。

011_convert_20131116171443
午後、予定通り棟まで組みあがる。

007_convert_20131116171310


020_convert_20131116171610
建主さんと棟梁が、建物の四隅に米・塩を盛り酒をかけお清めをする。

(仮)柏・松葉町の家 土台敷き

上棟の前に、コンクリート基礎の上に土台を敷き、周囲に外部足場を設置する。

020_convert_20131115213256

015_convert_20131115213402
大引きも同時に施工する。

016_convert_20131115213451

003_convert_20131115213632
土台はヒバ120角。土台下面は事前に防蟻剤を塗布する。(揮発・蒸発しない、ホウ酸塩鉱物が主原料の「エコボロンPRO」使用)
基礎と土台の間にはパッキンを入れ、床下の通風を確保する。

012_convert_20131115213734

(仮)柏・松葉町の家 基礎完了

基礎の立上り部分の型枠が外されコンクリートが露わになり、土が埋め戻されたこともあり現場が明るくきれいになる。

013_convert_20131115212731

004_convert_20131115213121

008_convert_20131115212927
土を埋め戻すと同時に外部の給排水管工事も行った。(いちばん工事がしやすい時期である。)

010_convert_20131115213024
設備の配管は、あらかじめコンクリート部分にサヤ管を埋め込んでおき、サヤ管内を通すことで将来配管が交換できるようにする。

P・マッカートニー日本公演チケット

今年7~8月にかけて既存書斎をセミスタジオに改造工事をした施主のKさんから、ポール・マッカートニー日本公演のチケットをいただいた。それもペアで!大感激!!

工事の打合わせの中で、お互いビートルズファンということで盛り上がり、ポール・マッカートニー日本公演の情報得て、今回が日本での最後の公演になりそうで、ぜひ観たいがチケットの入手は難しいと話していたが、それから2か月程してKさんからチケットが入手できたとの連絡をいただき、驚きと喜びで興奮してしまった。

Kさんからは工事の御礼にということであり、御厚意には心から感謝する次第である。
いまから東京ドームでの公演が楽しみで待ち遠しい!

007_convert_20131101120009

改造工事時にセミスタジオの扉に嵌め込んだビートルズのエッチングガラス
090_convert_20130803143322_2


« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »