フォト
無料ブログはココログ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

2011年7月

(仮)北柏の家 造園工事

予算の厳しい中、なんとか造園の費用を確保してもらい、芝貼りと樹木数本を植えることができた。真夏の時期の植栽で心配だったが、梅雨のような天気が続き安堵している。
2階リビングから電柱が目立たないように、主木としてシマトネリコ(H=5m)を植え、母親室の前にはお好きなジューンベリーを、その並びにアイストップとしてソヨゴを、そしてカーポート奥にはオリーブを植えるようにした。
樹木はもう少しほしいところだが、住まいながらすこしづづ増やしてもらえればと思っている。

Img_3301_convert_20110728181802
アプローチと庭部分は約35㎝の高低差がある為、法面にして芝貼りとした。
芝は竹の杭をさして固定

Img_3315_convert_20110728182401
アプローチから法面、庭を見る。右側ブロックにはフェンスを設置予定

Img_3317_convert_20110728182124
道路からアプローチ、玄関を見る。樹木はシマトネリコ
樹木数本で雰囲気がガラリと変化し、アプローチは距離感がでて気持ち良く行き来できるようになり、近隣の環境づくりにも貢献できたと思っている。

Img_3296_convert_20110728181341
ジューンベリー

Img_3297_convert_20110728181414
ソヨゴ

Img_3309_convert_20110728181934
2階リビングからの眺め、樹木が入ることで電柱が少し気にならなくなった。
もう少し葉が生い茂ってくれればとおもっている。

Img_3310_convert_20110728182019
バルコニーから見下ろす。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)北柏の家 照明点灯

完成まであと2日、大まかなクリーニングが終了後、日が沈み暗くなってきたこともあり、ペンダント照明を除いて全体の照明を点灯してみた。電球色の温かみのある明かりが家全体に血液が流れ始めたようでアットホームな雰囲気になり, また安堵したこともあり少々感動してしまった。
Dsc_0013_convert_20110728082421
居間

Dsc_0010_convert_20110728082242
木製サッシ、バルコニー方向

Dsc_0024_convert_20110728082111
オープン階段

Dsc_0020_convert_20110728083150
台所。食器棚のガラスはこれから取付

Dsc_0017_convert_20110728083003
台所。 一部建具はこれから取付

Dsc_0008_convert_20110728081934
1階~2階への階段

Dsc_0026_convert_20110728083445
屋根裏への階段

外構工事は、カーポート兼アプローチに土間コンクリートが打たれ、電柱廻りの板塀にポストが取り付けられた。
Img_3239_convert_20110727213722

Img_3222_convert_20110727213219

Img_3290_convert_20110727214208
台所 ダブルシンクと水洗。左側は有機的なフォルムをしたシャワー切替ヘッド引出しタイプの混合水栓(グローエ)、右側はアルカリイオン整水器用水栓(パナソニック)。

Img_3289_convert_20110727214901 
メーカーいわく「料理好きのためのコンロ」、見やすい上面操作のシンプルなデザイン(ハーマン

Img_3293_convert_20110728081516
台所の壁に窪みをつくり取り付けられたコントローラー等。
左からインターホーン、「そよ風」コントローラー、給湯機台所リモコン。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)四街道の家  木製サッシ設置

居間・食堂の入隅コーナーにようやく木製サッシが取り付けられた。
居間側約1.8m、食堂側約2.7mの入り隅で、両側とも引込戸のオーダーということもあり製作にかなりの日数が掛かってしまったが、やはり木の質感があり、入り隅の両引込の特殊な部分にもかかわらずサッシとしての気密性が確保され、しっかり感がある。

Img_3193_convert_20110724150631
食堂部分。開口幅は柱芯~芯で2.73m、高さ2.2mで右側の壁部分に引き込まれる。
コーナー部分は柱から外側の位置で建具と建具が合うようになっている。
木製サッシは㈱アイランドプロファイルの「ヘーベシーベ」引込み戸組合せ特注品

Img_3178_convert_20110724115640
入隅コーナー部分。左側開口幅は柱芯~芯で1.82m、左側の壁部分に引き込まれる。
右側も引き込まれるためフルオープンになる。外側には約4.5帖の広さの木製デッキがつくられ居間食堂スペースと一体となる。

Img_3181_convert_20110724150859
食堂から居間方向をみる。建具どうしで入り隅コーナーになっているのがわかる。

Img_3191_convert_20110724150730
木製サッシ外側

Img_3184_convert_20110724115802
内部の建具は引き戸を多用しており、写真は子供室の引込枠が出来た所である。

Img_3182_convert_20110724115910
書斎の引込枠(杉材)

Img_3188_convert_20110724120024
化粧梁から少しずれた所に取り付けられた寝室のクロゼット用引き戸の木枠。
大工さんの左側が寝室の出入り口引込戸の枠。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)北柏の家 塗装仕上工事

工事は終盤になり、設備機器等が取り付けられ、塗装は残っている箇所の仕上げに入った。

Img_3175_convert_20110724115349
階段のスチール手摺が黒の艶消しで仕上げられた。

Img_3174_convert_20110724115315
屋根裏階段部分、2階の木製手摺には強化ガラスが組み込まれた。

Img_3164_convert_20110724115135
階段塗装で問題発生。
階段をパイン無垢材で造ったのだが、着色塗装をしたところ写真のように色むらが出てしまった。これは木の部分での塗料の吸込みの差によるようである。何とかしなければ、、、、、、、。

Dsc_0004_r1_convert_20110724122035
手作りキッチン。 カウンター下収納の建具が付けば完成

Dsc_0002_convert_20110724120418 
居間から子供室・バルコニー方向をみる。バルコニーからの風が気持ち良い。

Dsc_0006_r1_convert_20110724122146
居間吹抜け部分。造り付けTV台の下は「そよ風」の吹出し口で格子が取り付けられる。

Img_3160_convert_20110724114754
外部足場が撤去された。わかってはいるが気になる存在の電柱。

Img_3161_convert_20110724114849
カーポートになる部分。型枠が設置され土間コンクリートを流すだけに、湾曲した型枠の狭い部分は砂利敷きとなり、右側のアプローチ部分と区別する。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)四街道の家 断熱材・天井石膏ボード設置

梅雨明けしてから、猛暑日が続き現場はどこも大変なようだ。
ここでは、作業がしやすいように風通しをよくするため外回りの養生ネットを一時たたむようにした。

Img_3126_convert_20110717100929
暑苦しく見えず良いかもしれない。

Img_3119_convert_20110717100706
右側に緑豊かな公園があり涼しくみえる。

Img_3113_convert_20110717100346
養生ネットをたたんでみると、バルコニーからの公園側方向の眺めが大変気持ち良い。

Img_3109_convert_20110717100227
居間部分、断熱材GW厚さ100㎜が入り、天井には石膏ボードが張られて空間が明確になってくる。

Img_3112_convert_20110717100307
居間部分、メイン道路側の壁面で奥行き900㎜の吹き抜けになっており、ハイサイドライトから光が入っているのがわかる。

Img_3115_convert_20110717100419
子供室の勾配のついた天井に石膏ボードが張られた。
手前の2本の梁が露出する。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)北柏の家 建具取付・「そよ風」ダクト接続

各室出入り口や造作家具の建具が、現場で寸法調整や金物取付加工をしながら取付られはじめた。

Img_3051_convert_20110715190032
クツ入れ扉を設置。W=約2.5mで3分割し、2/3は天井まであり、収納量は抜群!
取手は図面をかいて大工さんに造ってもらった特注品、材料はチーク。

Img_3052_convert_20110715190059
取手の拡大写真。手作りの温もりがあり手になじむ。(塗装前)

Img_3107_convert_20110717100017
食器戸棚の扉。開口部には建主のIさんから支給されるお気に入りのガラスが入る。(入りしだいUPの予定)

Img_3108_convert_20110717100045
手作り取手、クリア塗装で 落着いた色に仕上がった。

Img_3042_convert_20110715185705
パッシブソーラーシステム「そよ風」の取り入れファンが取り付けられた。
屋根面で太陽に暖められた空気がこのファンで床下に送られて基礎に蓄熱する。

Img_3048_convert_20110715185955
ファンの先に断熱ダクトを取付け、以前に設置していたダクトと接続する。

Img_3055_convert_20110715190252
断熱ダクトの 接続完了。

Img_3041_convert_20110715185550_2
端部の電柱を支える敷地内の支線。
目障りな黄色の支線カバーを目立たないようにブラウン色のカバーに交換してもらうように東電に依頼する。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

見学会のお知らせ

(仮)北柏の家がまもなく完成します。
この度、建主様のご厚意により見学会を開催することになりました。

袋小路の奥に建つ、パッシブソーラーシステム「そよ風」を採用し、内壁を自然素材の中霧島壁「ビオセラ」で仕上げた2世帯住宅です。 
変形敷地や目の前の電柱を克服しながら、2世帯が仲良く楽しく暮せる2階リビングの住まいをつくりました。
階段を中心に其々のスペースが繋がり、風の通りも良く、広いバルコニーが居間と一体になり、気持ちよく暮せる住まいになりました。
真夏の時期で大変と思いますが、ぜひこの機会にご覧ください。

尚、見学会は申込制になっていますので、見学ご希望の方はメール(takita-2408@nifty.com)または、TEL(04-7145-2408) でお申し込みください。 後日案内図をお送りいたします。

Img_1669

日時 平成23年7月30日(土)・31日(日) 10:00~15:00

場所 柏市根戸

概要   敷地面積:136.07㎡(41.16坪)
       構造、階数:木造2階建て ロフト付き
       1階床面積:57.96㎡
       2階床面積:57.96㎡
       延べ床面積:115.92㎡(35.07坪)
       パッシブソーラーシステム「そよ風」採用
       内部床仕上げ:パインフローリング、オスモ塗り

       内部壁仕上げ:中霧島壁「ビオセラ」塗り、一部水性エマルジョン塗装

■施工 ㈱中野工務店

  
      

(仮)四街道の家 断熱材・階段設置

壁・天井に断熱材(高性能グラスウール厚さ100㎜)が設置され始めた。高温多湿の中で汗だくになりながらの作業で大変である。

Img_3018_convert_20110710100930
居間のハイサイドライト部分の壁面

Img_3019_convert_20110710101037
居間道路側の壁面。
天井に見えるグレーの線は、電気の配線 で断熱材設置に先行して行われている。

Img_3024_convert_20110710101303
2階寝室には天井・壁に断熱材が設置された。
この時期見ると大変暑苦しいが、家づくりには欠かせないものである。

Img_3022_convert_20110710101124
階段取付工事が終わり、建主さんにも安心して2階部分を見てもらえるようになった。
材料は、踏み板、ケ込板とも杉板で養生をとるのが楽しみである。

Img_3021_convert_20110710101207
階段上り始め部分。右側の明るい部分には外部扉が付き、階段下は外部用物置として無駄なくスペースを利用している。

Img_3030_convert_20110710101526
部分的に窓枠も取り付けられ、床と同じ杉材のため清々しく感じる。

Img_3035_convert_20110710101616
いつの間にか屋根が仕上がっていた。
仕上げは遮熱塗装のガルバリューム鋼板立ちハゼ葺き。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)北柏の家 キッチンステンレスカウンタートップの取付

造り付けキッチンのステンレスカウンタートップがようやく取り付けられた。
カウンターの平面形状が90°より鋭角な75°のL型の為、シンク側カウンターとレンジ側カウンターを現場で接続するようにしたが、工場で注意して製作したのだが金属板を溶接、加工すると、図面に書くようにはいかず、接続部分でわずかな誤差生じたようだが、その場で金物加工の職人さんの経験と技術で修正加工してきれいに取付けることができた。

Img_2934_convert_20110708170414
シンク側のステンレスカウンター゚を設置したところ。
75°のL型になる。

Img_2923_convert_20110708170004
レンジ側ステンレスカウンターを設置したところ、うまく納まらず皆で修正箇所を検討する。

Img_2944_convert_20110708171502
接続部分の一部を修正加工する。

Img_2946_convert_20110708171549
レンジ側ステンレスカウンターを修正加工して慎重に取付ける。職人さんの協力できれいに納まり
現場監督ともども安堵した。

Img_2925_convert_20110708170045
階段のスチール手摺が取り付けられた。白い塗装はさび止めで仕上げは黒の予定。

Img_2927_convert_20110708170137
支柱兼手摺の曲げ加工部分、なめらかに一体になるようになっている。

Img_2940_convert_20110708170609
設備器具も設置され始めた。

Img_2928_convert_20110708170231_2
床塗装の済んだ所には「そよ風」の床吹出し口(シャッター付)が取り付けられた。
梅雨明けしたばかりだが、なぜか冬がになるのが待ちどおしい。

Img_2948_convert_20110708171740
内部足場が撤去されて居間・食堂の広い空間が 見渡せる。
これから建具が取り付けられ、もうすぐ完成する。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »