フォト
無料ブログはココログ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

(仮)北柏の家 木枠と壁断熱材設置

本格的に建具木枠を取付ける造作工事に入る。
木枠は壁仕上げや其々の空間に合わせて加工して取付ける。ここでは米松無垢材を使用している。

木枠を取付けた部分で外廻りの壁には断熱材(高性能グラスウール16㎏/㎥、厚み105㎜、熱抵抗値2.8)を入れ、壁の下地になる石膏ボード(厚み12.5㎜)を張っていく。

Img_2445_convert_20110430153414
壁を挟んだ左右が引込戸となる部分の木枠、中央は壁を表わさず木枠を組合せて左右が一体の枠になるようにしている。

Img_2447_convert_20110430153446
上記の鴨居部分、手前に建具2本、奥に1本入る。

Img_2452_convert_20110430153650
玄関扉木枠、左に防犯ガラスが入り、右側に木製玄関扉が入る。少々わかりにくいが、扉が入る戸当たり部分は気密を高めるパッキン材を取付ける為の溝加工がしてある。
図面は線を描けば簡単できるが、出来た物を見ると、実際に作るのはかなり手間と技術が必要なことがわかる。

Img_2416_convert_20110428182341
外廻りの壁部分に断熱材(グラスウール)を入れて行く。

Img_2417_convert_20110428182408
断熱材を入れたところから壁下地材の石膏ボード(厚み12.5㎜)を張っていく。
空間が明確になっていく。

Img_2421_convert_20110428182529
レンジフードのロックウールを巻いたダクトが外壁を貫通する部分。隙間が無いように十分に気密テープでふさいでいる。

Img_2426_convert_20110428182737
ユニットバスが設置される場所。 湿気が漏れても問題が無いように、断熱材の内側や天井部分に防湿シートを隙間なく貼っている。

Img_2450_convert_20110430153601
階段下は物入(オレンジの物がある部分)とし、スペースを無駄なく利用するようにしている。

Img_2434_convert_20110428182850
外廻りの壁に断熱材が入る。音がグラスウールに吸音されて空間が締まった感じになる。
中央の柱は2階LDKから屋根裏まで の150角の通し柱で、梁と一緒に表わしになる。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)四街道の家 配筋検査・アンカーボルト確認

根切り時には、想定してなっかった地中の砂利やガラの処理に少々時間がかかってしまったが、その後砕石・防湿シート敷きを行い、鉄筋の加工組み立てが終了した為、その配筋検査を行った。
コンクリートを打設してしまうと修正できない為、時間をかけて地中梁や耐圧版の鉄筋径、本数、間隔、加工状態、そしてホールダウン用アンカーボルト位置、設置状態を確認し、修正部分はその場で修正してもらった。

Img_2382_convert_20110428091825
耐圧版にコンクリートを打設する前の鉄筋の状況、くぼみ部分は地中梁。

Img_2390_convert_20110428092130
隅の通し柱の緊結用ホールダウンアンカーボルト(径16)

耐圧版にコンクリートを打設した後は、基礎の立上り部分の型枠を設置し、所定の位置にアンカーボルトを設置する。

Img_2411_convert_20110428083023

Img_2395_convert_20110428082531
ホールダウン(右)とアンカーボルト(左)の距離を確認する。
黄色い蝶々のようなものは、コンクリートをここまで打設するという目印である。

Img_2412_convert_20110428082916
型枠が基礎立ち上り厚みの150㎜で設置される。

Img_2394_convert_20110428082500
高さの異なる型枠を固定する金物、施工金物も日々進化しているようだ。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)北柏の家  屋根裏への階段

1~2階への階段設置後、早くも屋根裏への階段が設置された。
階段を軽快に見せる為、側桁の巾は出来るだけ少なくしながら、厚くして強度を確保した。 また、ケ込ミをなくし踏み板だけにすることで、より軽快にしながら1階が明るくなるようにしている。

Img_2344_convert_20110414184623
側桁、踏み板共、材料は米松材。

Img_2343_convert_20110414172612
側桁の厚みは6㎝、この部分にオーダースチール手摺が取けられる。

Img_2345_convert_20110414172735

1~2階の階段を見降ろす。踏み板の厚みは3.6㎝

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)四街道の家 ようやく建物着工

東日本大地震後、資材関係の入手の見通しがたたず着工を延期していたが、ようやく1ヶ月程遅れて着工することができた。
水盛り・遣り方後、根切り工事を行い根切り底の深さを確認する。

Img_2309_convert_20110414181919
基礎はベタ基礎で、掘削している部分が地中梁部分となる。

Img_2305_convert_20110413184333
白っぽい部分が柱状改良部分で、この上に基礎の地中梁が施工される。
柱状改良部分の間は砕石を敷く為、手作業によりさらに12㎝程掘削する。

Img_2308_convert_20110413184428
柱状改良部分の間を手作業で掘削する。

Img_2304_convert_20110414181739_2
根切り底の深さを確認する。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

(仮)北柏の家 木製断熱サッシ設置

2階居間のメイン開口に大きな木製断熱サッシが取り付けられた。
他の窓はアルミサッシだが、予算の厳しい中唯一ここだけ費用を確保してもらい実現することができた。

Img_2297_convert_20110411214808
木製サッシは㈱アイランドプロファイルの引違いタイプ「ヘーベシーベ」
気密性、断熱性にすぐれ木製の質感が良い。

Img_2295_convert_20110411214902
居間から木製サッシを通してバルコニーを見る。開口は約W=3400×H=2000でかなり解放感がある。

Img_2299_convert_20110411214934
1~2階への階段が取り付けられようやく建主さんも安心して行き来できるようになった。
蹴上は20㎝以下におさえ、比較的楽に上り下りできるようにしている。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

( 仮)北柏の家 屋根煙試験

屋根のガルバリューム鋼板瓦棒葺き工事が90%程終了したところで、パッシブソーラー「そよ風」システム施工にあたり、太陽で暖められた空気が鋼板下の通気層を通り集熱するのに漏れがないか確認するため、はちとり煙幕で煙試験を行った。

Img_2183_convert_20110404222512
屋根の鋼板下の通気層に送風機で屋根の棟からはちとり煙幕を吹き込み、軒先給気口からその煙が排出しているところ。

Img_2184_convert_20110404222438
軒先給気口を見上げる。

Img_2188_convert_20110404222630
屋根面からの煙の漏れをチェックする。

室内では床材(パイン無垢フローリング)が張られ始めた。
Img_2194_convert_20110404222926

Img_2196_convert_20110404223113
床張りと同時に引戸のレール金物(真鍮)も取付て行く。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »