フォト
無料ブログはココログ

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年8月

引渡し

8/10 建物が竣工し、民間確認検査機関の完了検査を8/6に受け、本日建物を建主さんに引き渡す。

設置した設備機器・電気器具等の取扱い説明を行い、建物の関係書類をファイルにまとめ、
玄関の鍵と一緒に建主さんに渡し、引渡しが終了する。
長い設計~監理が終了し安堵するとともに、いつものことであるが手が離れてしまい寂しくもある。

これから、建て主さんがDIYでつくる外構と秋に行う予定の造園工事が楽しみである。

Img_1489_convert_20100812153345

薪ストーブの取扱い説明を受ける建主さん

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

まもなく竣工

7/31  工事が順調に進み、ようやく竣工が見えてくる。

外壁の杉下見板がキシラデコール「オリーブ」で塗装される。塗装色は建て方時にサンプル塗装を作り決めたのだが、外壁が張られていない状態であった為、なかなかイメージがつかめず、建主さんと長時間サンプルを見比べ、意見を交わしながら最終的に「オリーブ」を選択した。
結果は環境にも合った落着いた雰囲気で、以前からその場所にあった様な感じがして良かったと思っている。

Img_1452_convert_20100812152550

Img_1457_convert_20100812152630

建具・造り付け家具・衛生設備器具・階段手摺が設置され、薪ストーブ廻りの耐火床・壁が仕上がる。

Img_1448_convert_20100812153005
食堂とキッチンを仕切る配膳収納家具、大工さん手による

Img_1442_convert_20100812152913
大工さんの手による造り付けキッチン

Img_1451_convert_20100812153100
トイレと一体の洗面脱衣室

Img_1447_convert_20100812152836
階段に手すりが付く、支柱はスチールで軽快な印象

Img_1440_convert_20100812152730
薪ストーブ設置箇所、壁のレンガタイル部分は耐火壁で裏側に通気層を確保している。

Img_1449_convert_20100812153142
些細なことだが、壁の厚みを利用し部分的に凹ませてインターホーンを設置する。

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

内部塗料検討

7/20 内部の壁・天井仕上げの構造用合板に塗る浸透性透明塗料を決める為、構造用合板をカットしたものに5種類の塗料(①インテリアキシラデコール「カラレス」 ②ノンロット「クリーン」 ③ワトコオイル「ナチュラル」 ④オスモ「エキストリアクリアー」 ⑤匠の塗油)を塗ってサンプルをつくり、塗装後の表情・臭い・発水性等を比較検討する。

結果、塗装後の表情が若干濡れ色になるが素地板と差がないこと。 乾燥後の臭いがあまり感じられないこと。 発水性は水滴を垂らし30分以上経過後も水滴が球状を保ち、浸みこみがほとんどないこと。(発水性が一番よかったのは④オスモであった。)
以上のことから、②ノンロット「クリアー」に決定する。

Img_1461_convert_20100812150958

Img_1464_convert_20100812151241

Img_1462_convert_20100812151052

Img_1466_convert_20100812151406

Img_1467_convert_20100812151151

Img_1465_convert_20100812151322

« 2010年7月 | トップページ | 2010年11月 »