フォト
無料ブログはココログ

« 工事監理の途中で | トップページ | 家具製作 »

外構・造園工事が終了

「小さな会津の家」の工事監理の続きです。

外構(アプローチ・カーポート等)と造園工事が終了した連絡を受け、工事確認の為再度会津の現場に行ってきました。梅雨時なので日数がかかると思っていたのですが、若い現場監の工夫と努力のおかげで早めに終了しました。前回の打合せから11日後の工事監理になります。

雪が降る会津での家づくりは、積雪、屋根からの落雪、それらの処理等も検討しなければなりません。特に敷地に余裕がない市街地ではなおさらです。この家では道路に面する部分は、既存の板塀の一部を残し大半をオープンにして、大雪の場合(一晩に60㎝以上降ることもあります。)に敷地内の雪を道路に出せるようにしました。そしてオープンにした部分には植栽を植えて建物と道路が優しく繋がるようにして、周辺環境が少しでも良い雰囲気になるようにしました。

Dsc_0041_convert_20090717121106

植栽も雪の影響を考慮して、樹木の根締めにはサツキ等の高さのあるものは避けて、笹やフッキ草、玉竜を植え、樹木は紅葉が楽しめるように、紅葉、シャラ、サラサドウダン等の落葉樹と、秋から冬にかけて赤い実や花が楽しめる、ソヨゴ、椿、サザンカ等の常緑樹を植えてもらいました。

Dsc_0044_r1_convert_20090717121509

Dsc_0047_r1_convert_20090717121728

家づくりの費用は大半を建物にかけてしまい、植栽まではなかなか費用を確保してもらえませんが、樹木1本でも植えることで雰囲気はかなり良くなります。今回はわずかながらも予算を確保していただいたおかげで、植栽を植えることができました。これからの生活では四季の移ろいをより楽しんですごしいただけると思っていますし、環境にも少しは貢献できたと思っています。

会津若松市内には、蔵造りの建物の他にも写真(2009.3撮影)のような建物も見られます。これは幼稚園の礼拝堂で、外壁は板張りで長い間の風雪にも耐え、この地域の環境を見事につくりだしています。今も現役で頑張っているようですが、これからも補修を重ねながらも存在し続けてほしいものです。          

Img_0016_convert_20090704190146

Img_0020_convert_20090717164700

■ 住宅の設計実例は瀧田建築設計事務所のホームページ

« 工事監理の途中で | トップページ | 家具製作 »

会津の家」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/541836/45656051

この記事へのトラックバック一覧です: 外構・造園工事が終了:

« 工事監理の途中で | トップページ | 家具製作 »